芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    2018年08月



    (出典 lifeofleisure7.com)


    多数決で決まったんだから称賛してあげようよ。

    1 Egg ★ :2018/08/31(金) 17:59:58.09 ID:CAP_USER9.net

    UEFAは8月30日、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFのルカ・モドリッチが、2017-18シーズンの最優秀選手に選出されたことを明らかにした。

     UEFAの最優秀選手は、昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)とヨーロッパリーグに出場したクラブの指揮官80名と、「欧州スポーツメディア」が選出する55名の記者の投票で決まる。

     すでに発表されていた最終ノミネートでは、モドリッチのほか、同じくマドリーのCL3連覇に貢献したクリスチアーノ・ロナウドや、CL決勝でマドリーと対戦したリバプールのモハメド・サラーの名前が挙がっていた。

     UEFAの発表によれば、モドリッチは313ポイントを獲得。223ポイントだったC・ロナウドに90ポイントもの差をつけての受賞となった。C・ロナウドは3年連続4回目の受賞を元チームメイトに阻まれる形となった。
     
     この投票結果に怒りを露にしたのが、C・ロナウドの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏だった。英国衛星放送『Sky Sports』によると、メンデス氏はポルトガル『Record』で「サッカーはピッチ上でするものであり、そこでクリスチアーノは勝った」と述べた。

    「彼は15ゴールを決め、マドリーを背負い、再びCLを制覇した。バカげている。恥ずべきだ。勝者がだれかは疑いようもない。クリスチアーノは彼のポジションでベストの選手だからね」

     CLグループステージの組み合わせ抽選会も兼ねていたこの日の授賞式には、C・ロナウドも招待されていたが、この夏ユベントスに移籍したCR7は姿を現わさなかった。

     イタリア衛星放送『Sky Sport』によると、ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEOは「来なかったのはC・ロナウドの個人的な判断だ。我々はそれを尊重したい」と明かしている。

    「我々はこの決定(モドリッチ受賞)をとても残念に思っている。これはCLに関する賞で、ワールドカップではないからだ。昨シーズンのCLで最も感動を与え、素晴らしいゴールを決めたのは、C・ロナウドだったと思う。私ならC・ロナウドに投票していた。サッカーファンとしての意見だ」

    「C・ロナウドが欠席したのは、個人的なプライベートの選択であり、ユベントスとはまったく関係ないし、尊重されるべきだ」

     かつての仲間に「ベストプレーヤー」の座を奪われたC・ロナウドは、ユベントスを悲願の欧州制覇に導き、ふたたびその称号を取り戻すことができるだろうか。

    8/31(金) 17:14配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180831-00046549-sdigestw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【欧州サッカー】欧州最優秀選手に選ばれたのはモドリッチ CR7代理人納得いかず…】の続きを読む


    高須 (たかす かつや、1945年〈昭和20年〉1月22日 - )は、日本の医師(美容外科・整形外科)。医学博士、昭和大学医学部客員教授、医療法人社団福祉会理事長、高須クリニック院長、浄土真宗僧侶。 芸能人を中心とした有名人の手術を数多く手がけた。また、格闘技K-1のリングドクターとしても活動
    86キロバイト (11,811 語) - 2018年8月30日 (木) 08:36



    (出典 pbs.twimg.com)


    次々勧誘して仲間増やしてくのかな…
    なんかキン肉マンでこんなような話あったような。

    1 名無しさん@涙目です。 :2018/08/30(木) 12:14:06.54 ID:YOolykC40.net BE:422186189-PLT(12015)


    (出典 img.5ch.net)

    美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(73)が29日、ツイッターを更新。
    この日、会見を開いた体操女子で16年リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江(18)に競技を
    続けるための支援をすると呼び掛け、本人とも連絡を取ることができたと報告した。

    宮川は弁護士とともに会見に臨み、自身への暴力により速見佑斗コーチ(34)に日本協会が科した
    無期限登録抹消などの処分に疑義を示した問題について、日本協会の幹部からパワハラを受けていた
    と主張した。

    高須氏は29日午後8時すぎに「強固な信頼で結ばれた宮川選手とコーチを物心ともに応援したいと思います。
    このこの呟きをみつけたらご連絡ください。高須克弥」とツイート。
    宮川が所属先から契約解除されたというニュースにも触れ「力になりたいと思います。僕でよければ契約します。
    連絡をお待ちします」と呼び掛けた。

    その後、29日の午後10時20分にツイッターを更新。「やっと宮川沙江さんと連絡が取れました。
    宮川沙絵さん喜んでくれているようです。フォロワーの皆さんの協力を感謝します」とつぶやき、
    「これからサポーターになります。支援頑張ります」と約束した。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/29/kiji/20180829s00041000405000c.html


    【【体操】救世主あらわる!高須院長『俺に任せろ“新”体操協会作ったる』】の続きを読む


    『グッド・ドクター』感動&号泣の嵐…病気利用し感動押し付けの『24時間テレビ』と対照的

    俳優の山崎賢人が主演を務める連続テレビドラマ『グッド・ドクター』(フジテレビ系)の第8話が8月30日に放送され、平均視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。自己最高を記録した前回の13.0%から、3.6ポイントダウンした。
     初めて1ケタに陥落してしまったが、この日は『ハゲタカ』(テレビ朝日系)と『遺留捜査5』(同)のいずれも自己最低の視聴率だったことを考えると、『アジア大会2018ジャカルタ』(TBS系)の影響と考えるのが妥当だろう。
    (出典:Business Journal)



    (出典 mekineko.com)


    裏でアジア大会やってたからな。ダウンもやむなし。

    【『グッドドクター』視聴率大幅ダウンも次週“拡大版”に不安ナシ】の続きを読む


    大谷、9月3日に復帰登板=大リーグ

    …右肘のけがから投手としての復帰を目指している米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、9月2日(日本時間3日)のアストロズ戦に先発することが決まった。
    (出典:スポーツ総合(時事通信))


    大谷 (おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は、岩手県奥州市出身のプロ野球選手(投手、外野手)。右投左打。MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属。2015世界野球プレミア12銅メダリスト。マネージメント契約はホリプロ(2016年12月 - )。
    117キロバイト (15,742 語) - 2018年8月27日 (月) 04:14



    (出典 news-hunter.net)


    来季以降もあることだし無理だけはしないでほしい…

    【『大谷翔平』二刀流復活目前か】の続きを読む


    塚原 千恵子(つかはら ちえこ、1947年8月12日 - )は、長崎県出身の元オリンピック女子体操選手・指導者。旧姓は小田。長崎県立長崎西高等学校-日本体育大学。 夫は1968年メキシコシティーオリンピック・1972年ミュンヘンオリンピック・1976年モントリオールオリンピックで金メダルを取った元体
    8キロバイト (935 語) - 2018年8月31日 (金) 03:09



    (出典 brandnew-s.com)


    なんかもうこうなってくると、存在そのものがパワハラみたいな…w

    1 豆次郎 ★ :2018/08/31(金) 09:30:57.25 ID:CAP_USER9.net

    8/31(金) 9:27配信
     日本体操協会の塚原千恵子・強化本部長(71)からパワハラを受けたと告発した16年リオ五輪代表の宮川紗江(18)が、31日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜・前8時)に生出演した。

     代理人の山口政貴弁護士と共に出演した宮川は、MCの加藤浩次(49)から「今後の体操協会」について聞かれ「新体制になるのは一番、手っ取り早いというか、今後、強化をする上で必要なことなんじゃないかなと思います」「東京五輪に向けての2020の特別強化については不明な点がいくつもあって、そこに関しては順位関係なく不平等な問題になっているので、改善した方がいいと思います」と提言した。

     その上で「2020東京五輪特別強化選手」について「東京五輪のためにリオ五輪が終わってからできたものなんですけど、ナショナル選手とは別にあるもので。そこにはトライアウトを受けて入るんですけど、その中にもナショナル選手も何人かいるんですけど、全日本選手権で予選通過しない選手だったり、ジュニアの大会で何十番、何百番っていう選手も入っていたりするんですけど。そういう選手が2020に属している選手が優先的に海外派遣をされたり、全日本選手権の予選を通過していないのに、推薦枠で全日本選手権に入れたりとか、そういうことがあるので、私は2020にその時は属していなかったので、海外派遣も順番を飛ばされて2年連続で行かせてもらえなかったですし、NTCの利用制限もかけられていたので、そこに関してはなんでかなっていう風に思っていました」と指摘していた。

     同制度を作ったのは塚原千恵子本部長とし、宮川は入って欲しいと「何度か言われたし、家に直接、電話がかかってきたりもしました」と明かし「もしもしって言ったら、塚原です、って本当に急だったので、コーチに何度も電話したけど、埒があかなかったというか本人が決めることだからということで家に電話したみたいなんですけど、その時には2020に入らないと今後、あなたには協力できなくなるという風に言われて、2020に入るといいこともたくさんあるのよっていう風に海外派遣も優先的にさせるっていうのだったり、NTCを優先的に使わせてあげるわよって言われたんですけど。なんで代表選手なのに、代表選手だったら海外派遣とかNTCの利用制限はないのが普通だと思っていたので」と明かした。

     「2020」に入らなかったのは「その時はナショナル選手に入っているんだったら、優遇は受けなくてもいいんじゃないかと思っていたので、2020の詳細は伝えてくれなかったのでその時は入らないと決めていました」と明かしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000093-sph-spo


    【【体操】宮川紗江スッキリ出演『強化のためには新体制になることが必要』】の続きを読む

    このページのトップヘ