(出典 www.zakzak.co.jp)


吉村の選手生命を奪ったあのプレー…

1 砂漠のマスカレード ★

プロ野球人の社会貢献活動を表彰する「ゴールデンスピリット賞」(報知新聞社制定)の第20回表彰式が4日に都内のホテルで行われ、ロッテ・井口資仁監督が受賞。
ソフトバンク・王貞治球団会長(78)と、巨人・吉村禎章打撃総合コーチ(55)に特別賞が贈られた。

王会長は巨人入団2年目の1960年から「札幌市立山の手養護学校」を毎年慰問。この活動を90年から引き継いでいるのが吉村コーチだ。
この2人の師弟関係は、巨人・王監督時代(84-88年)にスタートした。

「ヤングジャイアンツ」を旗印に王監督の下、背番号「55」の吉村、「50」の駒田、「54」の槙原の“50番トリオ”が誕生。
ところが吉村は88年7月6日、札幌・円山球場での中日戦で、右翼手として打球を追い中堅手と激突。左膝靭帯断裂の大ケガを負い野球生命の危機に陥った。
その後奇跡的な戦列復帰は果たしたものの、抜群の潜在能力は生かし切れなかった。
王監督はこの年のオフ、5年契約満了を理由に解任されている。
自分の後継者、不動の4番として期待していた吉村の予期せぬアクシデントとともに、王監督は巨人を去ったのだ。

「もし吉村にあんなアクシデントが起らなかったら、長い間巨人の不動の4番に君臨していたはず。原の4番もなかっただろう」。
巨人のユニホームを脱いだ後、王会長はこう述懐している。

だが、社会貢献活動では見事な師弟コンビぶり。王会長が「僕は山の手養護学校へ行けば行くほど、逆に勇気づけられた。
長い間現役生活を送る力になった。その後を吉村が継いでくれた」と感謝を口にすれば、吉村コーチも「私もケガをしましたが、毎年(養護学校の生徒と)触れあい、勇気をもらいました」。

ダブル国民栄誉賞の巨人・長嶋茂雄終身名誉監督と松井秀喜氏とはまた違った味のある、世界の王と吉村コーチの師弟コンビだ。(江尻良文

https://www.zakzak.co.jp/spo/news/181206/spo1812060004-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsTop
2018.12.6


(出典 Youtube)

巨人延長10回に吉村サヨナラでV2達成(1990.9.8 G+)


(出典 Youtube)

【懐かしの巨人応援歌】旧・原辰徳 応援歌(1984)


(出典 Youtube)

【懐かしの巨人応援歌】原辰徳 応援歌(1985)【原辰徳サヨナラ本塁打】


(出典 Youtube)

原辰徳 382号(引退試合)


(出典 Youtube)

原辰徳・引退セレモニー


(出典 image.middle-edge.jp)


(出典 yoshilover.com)


http://npb.jp/bis/players/51253865.html
吉村 成績

http://npb.jp/bis/players/71073863.html
原 成績

前スレ 2018/12/06(木) 07:58
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544050738/


にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村



25 名無しさん@恐縮です

>>1
和田一浩 けが無かった


55 名無しさん@恐縮です

>>1
サカエムラのせいですね


5 名無しさん@恐縮です

愛人を中絶させてヤクザに1億円払うこともなかったのにな。


18 名無しさん@恐縮です

>>5
それはなくならんやろ


6 名無しさん@恐縮です

栄村のことを苦労人と言う人居たけど、人に苦労かけた側じゃないか。


7 名無しさん@恐縮です

ファミスタではさなえむら


8 名無しさん@恐縮です

中畑のケガが無かったら原のサードも無かったね


32 名無しさん@恐縮です

>>8
1981年に原が入団した時、不動のサードとして中畑がいたから
原は篠塚に変わって、
いままでやったことがないセカンドをやることになった
それでシーズンを迎えたが中畑が怪我をして離脱することになり
原がサードに回って、セカンドは
スタメンから外されていた篠塚が復帰した
そこで篠塚が打撃に守備に大活躍をして
中畑が怪我から戻ってきた時に「篠塚は絶対に外せない」となり
中畑はいままでやったことがないファーストをやることになった
ファーストのスタメンを外された山本功児はその後、
ロッテに移籍することになった


69 名無しさん@恐縮です

>>32
王の後釜候補は大洋からトレードで獲得した松原
だったが衰えには勝てず
そこで山本との競争になるも山本も打てず

だから中畑復帰で山本は外しやすかったんだろう

その山本は王の監督就任でロッテに放出され初の
開幕スタメンを掴みそのままレギュラーになった


50 名無しさん@恐縮です

>>8
藤田さんは後年「原をファーストにすべきだった」って
後悔してたね


9 名無しさん@恐縮です

あの年の吉村良かったもんなあ


10 名無しさん@恐縮です

原の方が先に4番やってなかった?


19 名無しさん@恐縮です

>>10
吉村の怪我は1988年7月6日
原は1983年には4番に定着してる
http://sta-men.jp/1983giants.html


29 名無しさん@恐縮です

>>19
じゃどういうことなんだ?


>「もし吉村にあんなアクシデントが起らなかったら、長い間巨人の不動の4番に君臨していたはず。原の4番もなかっただろう」。


33 名無しさん@恐縮です

>>29
原の4番は吉村に奪われるということ


41 名無しさん@恐縮です

>>10 14 19 
俺もすぐに気付いた
まあジジイが言ってることだしw

けど怪我する前の吉村は本当に凄かった。


12 名無しさん@恐縮です

この年はクリーンアップが吉村 原 クロマティだっただろwww
王さんボケるにはちょっと早いんじゃ


27 名無しさん@恐縮です

>>12
伸びしろを考慮すれば原はピークを過ぎてたし、吉村はまだ発展途上だった
負傷さえなければ翌年以降の二人の立場は逆転していた


13 名無しさん@恐縮です

松本
篠塚
クロマティ

吉村
中畑
河埜
山倉
江川


15 名無しさん@恐縮です

王が監督じゃなかったら、原はもう少し成績良かったと思うわ。
王は吉村、桑田、呂以外はボロクソにけなしてたからな。
子飼いの駒田ですら、「貴様帰れ」と怒鳴られて試合中に帰ってた。駒田は横浜時代にも帰ったらしいが。


16 名無しさん@恐縮です

王さんもだが吉村も人格者なんだよな


30 名無しさん@恐縮です

>>16
PL時代自己中すぎてチームメイト誰も言うこと聞いてくれなくなったトラウマあるから変わったんだろうよ


20 名無しさん@恐縮です

吉村は左で鈍足だから5番あたりが妥当だったな


21 名無しさん@恐縮です

そらチャンスにポップフライとセカンドゴロばっかりじゃ、4番を奪われて当然
負傷前の吉村は頼もしかった


22 名無しさん@恐縮です

永遠のA級戦犯 栄村。


23 名無しさん@恐縮です

そうなのよー
原っていいとこで打たない
吉村が怪我しなきゃずっと巨人ファンでいられたのにな


24 名無しさん@恐縮です

腹は最初セカンドだったけど篠塚にあっさりポジション奪われたよね


34 名無しさん@恐縮です

>>24
ケガした中畑からポジション奪ったんだが


26 名無しさん@恐縮です

こういうズルするからや

(出典 i.imgur.com)


28 名無しさん@恐縮です

原はチャンスに弱かったのか?

(出典 Youtube)


31 名無しさん@恐縮です

吉村は飲酒運転で事故って怪我、これが最後まで影響と
週刊誌のネタだが実話らしい


65 名無しさん@恐縮です

>>31
要するにあの年の吉村は金本アネキ状態だった


37 名無しさん@恐縮です

それゆけよしーむらー って言われたらそら栄村のところへ行くよ。


39 名無しさん@恐縮です

原は5番あたりを適当に打っているのが似合ってた。


40 名無しさん@恐縮です

原も松井もチャンスに弱い四番言われてたな。


42 名無しさん@恐縮です

ついでやから言わせてもらうけど
濱中も怪我さえなければ
4番でうねりまくってたんやぞ


43 名無しさん@恐縮です

激突前の吉村はアゲアゲだったからな。その後も無事に過ごせば確かにかなりの実績が残ったと思うわ。


44 名無しさん@恐縮です

これについて、栄村にインタビューしてみてほしい。


48 名無しさん@恐縮です

>>44
1998年10月か11月のナンバー探しな


45 名無しさん@恐縮です

中日の森野が台頭してきたとき吉村思い出した


46 名無しさん@恐縮です

7番の凄い奴
打てライトスタンドへ
お前のバットが今火を吹く


54 名無しさん@恐縮です

>>46
いろんなバージョンの歌詞があったけどメジャーなのは

7番の凄い奴
鋭い打球をスタンドへ
それゆけそれゆけそれゆけ吉村

背番号変わる前は55番の凄い奴


49 名無しさん@恐縮です

外野から内野まで届かないほど肩壊したのは飲酒運転事故、
吉村と掛布の飲酒運転は有名な話、
あの頃の巨人阪神ぐらいだと警察やマスコミをもみ消すのは
簡単だったらしい。


67 名無しさん@恐縮です

>>49
最初は肩は普通、足もむしろ早いほうだったなんて誰も信じないだろう


51 名無しさん@恐縮です

吉村禎章
ケガする前年(1987年)

127試合 .322 30本 86点


57 名無しさん@恐縮です

>>51
これが6年目
4試合しか出場のなかった1年目を除いて、2年目からの躍進ぶりもすごい


60 名無しさん@恐縮です

>>51
知らない人が居たらこう言うとなんとなく理解できるかも

扱いが後の広島カープでいう前田みたいな感じ

ほんとに絶対大打者になると評論家が口を揃えてた


52 名無しさん@恐縮です

来期は四番って思ってたな
王さんと同じ考えだったことが嬉しいな


53 名無しさん@恐縮です

巨人で高卒3年目から活躍する野手はいまだに吉村と松井しかいない


56 名無しさん@恐縮です

>>53
坂本


59 名無しさん@恐縮です

>>53
岡本


62 名無しさん@恐縮です

>>59
岡本は4年目


58 名無しさん@恐縮です

吉村って村田とベンチで冷たくなってた人だっけ?


66 名無しさん@恐縮です

1987
吉村24歳 打率322 HR30 打点86 OPS.949
原 29歳 打率307 HR34 打点95 OPS.968
年齢的に遅かれ早かれ入れ替わってたのは確かやろな


68 名無しさん@恐縮です

王の監督時代に大ブレイクだから
思い入れもひとしお。
他のレギュラーは1期目の長嶋・藤田時代


76 名無しさん@恐縮です

吉村が出てくる前から原が4番じゃなかった?


80 名無しさん@恐縮です

>>76
多分、吉村が4番に定着したら、原のスタメン4番が無かったっていう意味じゃない?


77 名無しさん@恐縮です

松本クロマティ吉村の弱肩トリオで外野やってたなんて頭がおかしかった
特に右中間に打球が飛んだら終わり


78 名無しさん@恐縮です

吉村禎章

1年目 000  0本  0打点
2年目 326  5本 11打点
3年目 342 13本 34打点
4年目 328 16本 56打点
5年目 312 23本 72打点
6年目 322 30本 86打点

前スレから何回も貼ってるけど
高卒からこれだからな。


83 名無しさん@恐縮です

>>78
吉村禎章
1年目 000  0本  0打点
2年目 326  5本 11打点
3年目 342 13本 34打点
4年目 328 16本 56打点
5年目 312 23本 72打点
6年目 322 30本 86打点
7年目 302 13本 39打点(65試合) ←ここがポイント

7年目成績のペースが落ちたことは信者が隠してるのがセコイw
130試合換算だと25本80打点くらいか
怪我前までに.333や20本とか打ってるならわかるけど成績落ちてる
すでにデブ化して守備走塁はボロボロで6年目がキャリアハイだった可能性すらある
その年の原は3割31本塁打だしまだ格が違う感じ


79 名無しさん@恐縮です

あの試合友人が直で見てた
大量に出血してたって聞いてぞっとしたのを覚えてる


81 名無しさん@恐縮です

そして王が放逐された翌年に中畑がサードに原が
レフトにコンバートされてファーストが空くんだから
皮肉なもんだ


91 名無しさん@恐縮です

>>81
開幕は岡崎だったが、ライトと二足わらじの
駒田が収まるのは時間の問題だった


95 名無しさん@恐縮です

吉村は怪我しなくても通算安打1400本、本塁打280本ぐらいだと思うわ


96 名無しさん@恐縮です

吉村は打率が高くて長打力もある
原は長打力はあるけど打率はそこそこ
たぶん原は3番か5番のほうが生きた
吉村のケガで原も損をしたと思う