石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。本名は非公開。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所で
66キロバイト (7,972 語) - 2018年9月28日 (金) 23:38



(出典 shop.r10s.jp)


それぞれの長所があり短所があるわけだから、スタッフ側もそれに見合った役を提供してるだけで単純に数字の高さ低さだけで二人の力量は比べきれないと思う

1

7月クールのドラマも最終回を迎えた。今クール、視聴率トップに輝いたのは火曜10時に放送されていたTBS系ドラマ『義母と娘のブルース』。
同作は右肩上がりに視聴率を伸ばし、最終回は自己最高となる19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

「各局のドラマの打ち上げの模様も報じられており、それぞれ明暗が表れていたようです。9月28日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が
『ぎぼむす』の打ち上げの様子を報じているんですが、主演の綾瀬はるか(33)が午前4時まで打ち上げにつきあい、終始笑顔だったことを伝えています。
自身のこれまでのドラマの中でもかなりのヒットだったこともあり、彼女の喜びが伝わってきます。その反対に、ガックリ肩を落としてしまったのが石原さとみ(31)です」(放送作家)

銀杏BOYZの峯田和伸(40)を相手役に、野島伸司脚本のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)のヒロインを演じた石原さとみ。
石原念願の野島作品ということもあり、石原は放送前、各メディアのインタビューで演技への気合を語っていたが、初回と最終回こそ11%を超えたが、他は2ケタ続きの苦戦に終わってしまった。

9月20日発売の『女性セブン』(小学館)では石原が“10分間の号泣スピーチ”をしたという『高嶺の花』の打ち上げの様子を報道。
同誌によると石原は、スタッフの前で作品への思いを語りだし、「勝てなかった」「全責任は私」「迷惑をおかけしました」と涙ながらに語り、
またラブストーリーに挑戦したいという意気込みを語りスタッフからの拍手を集めたという。

「実は石原と綾瀬は同じホリプロに所属する同年代のライバル関係。同じクールのドラマで、視聴率的にも世間の評判的にも完全に負けたことが相当ショックだったのでしょう。
二人の因縁は、2004年のドラマ『世界の中心で愛をさけぶ』(TBS系)から始まっています。
坊主頭になるのを嫌がって降板した石原の代役で抜擢された綾瀬が、このドラマでブレイク。
石原にとっては面白かろうはずがありません」(芸能プロ関係者)

■過去の直接対決では、綾瀬はるかの連勝だった!?

「私こそが事務所の看板女優」という意識を持った二人のライバル対決は、年を経るごとにヒートアップしていく。
主戦場となるのは民放のドラマ。主演女優がここでは視聴率というかたちではっきりした「結果」が示される。

「過去、同じ年に放送された二人の主演ドラマでいえば、
2007年は、石原の『花嫁とパパ』(フジテレビ系)が全話平均視聴率11.8%で、綾瀬の『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)は13.7%で綾瀬の勝利。
2010年は、石原の『霊能力者 小田霧響子の嘘』(日本テレビ系)が8.0%で、綾瀬の『ホタルノヒカリ2』(日本テレビ系)は15.4%で綾瀬の勝利。
2014年は、石原の『ディア・シスター』(フジテレビ系)が11.3%で、綾瀬の『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)が16.0%で綾瀬の大勝利。
2016年は、石原の『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)が12.4%で、
綾瀬の『わたしを離さないで』(TBS系)は6.8%で、ここでようやく石原の勝利となりました」(テレビ誌ライター)

「それまでは同じホリプロということもあり、事務所サイドが直接対決は避けていた可能性があります。
しかし、2016年10月クールの『校閲ガール』で大きく勝利したことで石原も強い自信を得たのでは。その後も今年の1月クールドラマ『アンナチュラル』(TBS系)が高く評価されたので、
石原が“綾瀬に勝つのは今しかない!”と勝負をしかけた可能性はあります」(前出のテレビ誌ライター)

つまり、今回の「直接対決」は、業界も大注目の因縁の戦いだったというわけだ。

「涙の数だけ強くなれる、わけではないですが、今回の悔し涙が、今後の勝利につながっていくのではないでしょうか。
石原さとみの次の出演作に期待したいです」(前出の放送作家)

バチバチと火花を散らすガチンコライバルの視聴率対決。次回はどんな結果になるか、非常に楽しみだ。
このうち、まったくの“同一クール対決”は2014年10月クールのドラマ『ディア・シスター』と『きょうは会社休みます』だった。

http://dailynewsonline.jp/article/1530503/
2018.09.30 18:30 日刊大衆

前スレ
【芸能】石原さとみ、綾瀬はるかに負けて号泣! 二人の「連ドラ視聴率対決」まさかの結果
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538315869/


(出典 netacube.com)



(出典 www.cinemacafe.net)





54

>>1
どうせ脚本が悪い共演者が悪いで逃げるだけだろ
避雷針役として共演にakbをおけばいいのに


93

>>1
>坊主頭になるのを嫌がって降板した石原の代役で抜擢された綾瀬が、このドラマでブレイク。

また適当なことを
このドラマでは坊主になる事が条件だったことは無い
綾瀬はるかは、スタッフから
坊主にならなくてもいいよ!
って言われたけど、自ら坊主になると進言して坊主になった と言ってる



 


3

この記事はホリプロに書かせられました
どっちにしてもホリプロの宣伝ですから


4

>>3
日村の淫行隠しだろ


5

綾瀬はるかは、別格だよ。

「JIN -仁-」で、良い演技したからね。


6

プロ意識の意気込みが違うんだよそもそも
坊主を渋る石原と坊主にしてまで演技する綾瀬
ボイトレもせずカスレ声の石原とボイトレ頑張ってお腹から通る声を出す綾瀬

上辺だけで綾瀬に勝とうなんてするから負ける
男遊びしまくる前に初心忘れず演技レッスンをちゃんとやれ


14

>>6
これにつきる


31

>>6
会津まつり5年も参観したり、ロケで行った東北の店にあとで友達連れてブライベートで訪れたり、紅白心許なかったり
好かれる事してるんだなーとオモタ


85

>>6
石原は常に声がかすれてるんじゃなくて、わめき散らすようなセリフの時にかすれるよね。
発声の仕方のボイストレーニングしたら治りそうだけどレッスンしてないのだろうか。
チャームポイントと言えばチャームポイントだけど女優続けたいならお腹から声出せるようにして喉を大切にしたほうがいい。


7

泣きたいのは吉岡だよ トホホ


77

>>7
剛力2世の吉岡とか論外な


9

勝てなかったなんて言うはずない
訴えられたりしないのかな?


10

どっちも演技上手だよね。
石原は度胸がついてきた感じがする。


13

>>10
石原は腕ブンブン振り回さないと感情表現できないくらい演技下手くそだよ


35

>>10
綾瀬は演技の幅を見せたが石原は相変わらず早口でわちゃわちゃするしか能がない
ただ顔は石原のほうが好き
ちんちくりんだけど


11

2桁続きなら苦戦じゃないだろ


12

いい女、モテる女、天然女、そんなばっかやってるから演技の幅が狭くなって飽きられただけだろ


15

石原さとみが綾瀬はるかに勝ってる部分が見当たらない
人気、知名度、好感度、演技力、ヒット作etc

まぁ池田犬作に愛され度は大幅に優ってるかw


16

綾瀬はるかを見てると癒されるの
性格の良さが顔に出てる

石原さとみはその正反対にいる
どれだけ繕ってもキツさが出るよね


17

女子力とやらに頼る演技は
もうお腹いっぱいデス


18

石原さとみはCMやポスターで見ると可愛いからそっちで勝負した方が良いしドラマは二番手ぐらいのが輝く
逆に綾瀬はるかはドラマで動いている方が可愛いからそもそも戦う場所が違う気がするわ


19

夜の世界で表現すると

石原 → キャバクラ
綾瀬 → 銀座のクラブ

そんな感じ


21

敗因の一つは石原さとみが
「たーーかねの花よ!」って言うシーンを
番組宣伝のCMに使ったこと


22

石原はオダキョーの続編をやっとけ!

それなら俺に需要がある(笑)


23

石原は女に嫌われるタイプだからダメ


24

相手役が銀杏BOYZの峯田和伸

渋るならここを渋って断れば良いのに


25

女優としたら正直
格が違うだろ


26

大河主役と朝ドラヒロインじゃ格が違いすぎるわな


27

石原のほうが人柄が良さそうに見えるけど、人からの印象は違うな


30

>>27
旅ロケみたいなバラエティで石原さとみ見た時に凄い横柄で感じ悪くて驚いた
敬語もろくに使えず上から目線だったよ


33

>>27
冗談だろw
石原は高飛車な所がいつも隠しきれてない
綾瀬は天然だしバラエティもこなせるし、性格も本当にいいと聞く


59

>>33
まあそこが滲み出てたから
高嶺の花はイメージ通りああいう主役像になったんだろうな


28

演技力うんぬんで言えば
なんだかんだでだいぶん差があるからなあ


29

石原さとみのドラマは見た事が無い
なんかつまらなさそうで
綾瀬はるかのドラマはちょこちょこ見てる


36

石原さとみの年齢で「恋愛モノ」は見たくないな
社会人にとって恋愛は添え物だと思うんだ


38

>>36
自分の事を未だに可愛いお姫様と思ってるから恋愛物こそ輝けると思ってる
かわいい役しかやりたくないんだろうよ


37

峯田がキモくて見なかった人が多いと思った
少なくとも私のまわりはそうだった

でも面白かったから最後二桁いったんだよ


40

>>37
石原、峯田、脚本の3点セットでダメだった

峯田が~、脚本が~、って言い訳するヲタがいたけど、石原の演技もダメだったのも事実だよ


39

一話目の途中まで見て正直、内容がつまらないし
石原さとみもイマイチ可愛くなかったから見る気が湧かなかった
一応、録画してあるけど


43

日テレはドラマ作るセンスないのが問題だな


44

ルックスがいい女優なんていくらでもいるし整形もできる
演技のうまさなんて評価基準が人それぞれで客観的なものはない
結局俳優に最も大事なのは好き嫌いなんかじゃなく世間の注目を集める
カリスマ性があるかどうか
綾瀬のカリスマ性は日本の女優史の中でも指折り


45

>>44
>綾瀬のカリスマ性は日本の女優史の中でも指折り

やめてくれwコーヒー吹いたじゃねーかw


87

>>44
なにこれ釣り?
石原さとみと比べたらマシなだけで
綾瀬はるかも幼いぶりっ子風か深刻風のふた通りの演技しかできない中途半端な女優にすぎない


90

>>87
お前は綾瀬アンチのあまり目をつむり綾瀬の演技の幅を理解できていない


95

>>90
綾瀬には演技の幅なんかないよ
実況みたらわかる
演技褒めてるレスなんかないからw
アンチとまではいかないが不自然な持ち上げされたら違うだろうと言いたくなるのが人ってもんだ


49

石原さとみを主演させるにしても
新人にでも出来るような簡単な役で
というハンデがあるからな


51

あの脚本+峯田で勝てたら
むしろすごすぎる


68

>>56
石原さとみがギボムスやったとしてあんな高視聴率にはなってないと思う
石原がやると鼻につく嫌な義母演じてしまいそうだもん
キャリアウーマンのシャキシャキ部分を演じすぎて、ちょっとほっとけないような危うさや可愛らしさを表現できなそうだし
綾瀬の義母が親しまれたのはそういう所だし

凛とした状態で喜怒哀楽を表現してみせた綾瀬はやはり女優として一流
改札に黙って立ってるだけで威厳も表現できてた


57

石原さとみはいつも唇尖らせて怒ってるイメージ
綾瀬はるかはいつも顎尖らせて笑ってるイメージ


60

高嶺の花は石原さとみが下品すぎてうけつけなかったから途中で見るのやめた。
高笑いしたりする演技が寒すぎたというか浮いてた。


64

石原さとみはちょっと色っぽくなった頃から媚びてる感満載で受け付けなくなった
CMでもドラマでも私可愛いでしょ?見て!とカメラに訴えかけてるのが前面に出て役に入り込めない


66

あと同じホリプロ人気女優なのに石原さとみは下げ記事結構書かれるけど、
綾瀬はるかは下げ記事なんて絶対に1度も書かれた事ない
スキャンダルが出ても国民的女優だの天然だのの結び付けで終わらせてる
ありゃ最強のオヤジ転がしだよ

綾瀬はるかは石原さとみと映画共演した時に初日の生放送で石原が喋ってる時にさりげなーく装って話遮って自分の方へ注目させたの見た時から嫌い


94

>>66
不思議と異常な擁護が出るしなw
綾瀬はるかは相当な後ろ盾があると思う
視聴率も金で買ってるとしか思えない不自然さ


79

高嶺の花は誰が主演しても低視聴率だったろうに
脚本と企画が悪いわ


83

>>79
綾瀬と主演変わっても結果同じだよね
私はお花で高視聴率は厳しいだろ


89

>>83
綾瀬ならもう少し取ってると正直思う
石原みたいに下品でギャーギャー言いまくる演技しなかっただろうし
高嶺の花という役どころは表現できたかと
私はお花も綾瀬が言うと違う物になってたのでは?
石原が言うから安っぽくてメンヘラに聞こえる


91

石原ギャーギャーうるさい
綾瀬くっさいロボット演技
どっちもねえわ


96

性格の出来た芸能人なんていませんぜ?


98

さとみ全敗


99

深田恭子「あたしのこと忘れてない?」


(出典 i.pinimg.com)


100

>>99
綾瀬に勝ったんだよなw